家族葬のデメリット

費用面、精神面でメリットの多い家族葬ですが、少なからずデメリットもあります。まず、故人を偲ぶ方がお悔やみに弔問に来れず、お別れができない人が発生してしまうことです。生前には多くの方と関わりを持ちますが、職場関係者や古くからの友人など、弔問に行きたくても家族葬の場合、近親者で限られた人数で行うことから直接の弔問ができません。このことに関しては生きているうちからどうするのかを明確に決めておき、不都合の無いようにしなければなりません。

次に、これらの弔問に来られなかった方々への配慮を怠ることにより、弔いの気持ちを無下にしたり折角のご縁を断ち切ってしまうことが起こり得ます。このようなことが起こらないように、故人のお付き合いを把握したうえで、後々のフォローをすることも忘れずに行います。さらに、家族葬を行う親族間でもその土地柄や風習によるお葬式の違いがあり、意見の食い違いによる揉め事もまま起こります。親族間での意見の調整も家族葬では特に留意することが求められます。このことに関しても生前に十分に話し合いを行える環境が必要です。

また、参列者が少なく限定的になることから香典は少なくなります。その事により逆に家族の持ち出しが増えることも考えられます。業者のプランを吟味して選択することが必要となるでしょう。そして、家族葬に弔問できなかった友人等がお葬式後、長期間に渡って自宅に訪れお悔やみを伝えにやってくることも考えられます。一般葬では弔問が自由であるため、通夜や告別式の際に大多数の方の参列を賜れますが、家族葬では限定的になるためにこのようなことが起こりがちです。その都度、自宅に招き入れて接待する等の金銭面負担と気苦労が起こらないとは限りません。

これらのことも十分に考慮したうえで一般葬か家族葬にするかを検討しましょう。亡くなってからでは時間の余裕も気持ちの余裕もありませんから、生前に家族間や親族間で定期的に話し合いの場を設けておけば慌てずに済みます。最後に業者の選び方を見て、失敗の無い心のこもったお葬式が行えるようにしましょう。