家族葬のメリット

大切な家族を最後に送る方法として近年定着されつつある家族葬ですが、やはり1番のメリットはお葬式にかかる費用を予測しやすく、より低減化できることです。一般的には参列者の人数で費用が大きく変わってきますが、家族葬であれば近親者のみで行うことから費用の抑制ができます。

また、弔問者の接待などに家族が労力を使うことがなく、大切な故人との別れをゆっくりと気にせずに行えることも大きなメリットと言えます。さらに、故人の考え方や思いを反映させた、家族葬でしかできない、儀礼にとらわれ過ぎない心のこもった式ができます。親族は大切な家族が亡くなるという言い表せない心労が伴います。その中で金額面や参列者の接待などに心を配るとなると、精神的な負荷はより大きくなってしまいます。一般的なお葬式にかかる費用はおよそ195万円ほどにのぼると言われており、お葬式にかかる費用の内訳としては通夜からの飲食接待費で約50万円、寺院へのお布施が47万円程度、お葬式一式の費用で約120万円が全国平均として算出されています。これらの負担は容易なものではありません。大切な人が亡くなったという心的に苦しい状況下にある場面において、日数も少ない中で業者とのやり取りを終えて式を執り行わなければならず、金額面の交渉をする余裕はなかなか持てないものです。相場に沿った言い値で行うことも多くあります。

家族葬は業者間でも差は生じますが、必要となる費用は110万円ほどで、一般のお葬式に対し85万円もの差が生じます。この費用差はとても大きなものとなります。家族葬費用の内訳は一般のお葬式と同じく大きく分けて飲食費、葬儀一式費、寺院費です。寺院費用の中には戒名や読経等が含まれるいわゆるお布施となります。お葬式の一式費用には会場費、斎場や火葬場の使用費、お葬式に必要な道具一式の使用費が含まれます。

一般葬にしても家族葬にしても、これらの費用の負担と業者との契約が短期間に押し寄せてきますので、常時から準備をしておき、家族間で話し合いをしておくことなどが必要です。いざという時に慌てずに対処できるようにしておきましょう。